国産アメリカンバイク|ハーレーにない魅力

アメリカン

アメリカンの車体は、1930年代から1960年代初頭までにハーレーダビッドソンやインディアン等の米国のメーカーで製造された車種に由来します。
比較的クラシカルな特徴の外観や構造を持つものが多く、これは古い欧州車に由来する外観を持つクラシック系ネイキッドとはまた別の意味で伝統的といえます。
そういった車体に搭載されるエンジンも、最新の機構を満載して高回転域での最高出力を追求したようなものは少なく、むしろ伝統的な機構や形式を熟成させ低中回転域といった実用域での力強さや扱いやすさを優先させたものが多いようです。
しかし近年では、伝統的な特徴を残しつつ近未来的に発展させた外観を持つものや、より現代的で高い性能のエンジンを搭載するものも登場してきています。
力強いトルク重視型のエンジンやそこから生まれる音や鼓動感、そしてゆったりとして急かされない乗車姿勢や車体特性といった、他のジャンルのオートバイとは違った独自の魅力から、近年では米国内に限らず世界中に多くの愛好家が存在します。
その為に米国に限らず、日本やヨーロッパなどの各国メーカーでもこのジャンルに該当する車種を製造販売しています。 また近年ではクルーザーと呼ばれる事が多くなっています。

国産アメリカン

M109R

ハーレーの影に隠れがちな国産アメリカンですが、カスタムしたハーレーには無い魅力的な車種もあります。
また、日本の免許事情や交通事情に合わせて250ccや400ccの車種がラインナップされているところも魅力的です。
また逆に1800ccなどの大排気量の物や、V4水冷エンジンを搭載した高性能モデルも発売されています。

【おすすめLink】

プリウス パーツ