ヤマハ ドラッグスター400 | 国産アメリカン〜ハーレーにはないバイクの魅力

ヤマハ ドラッグスター400

商品写真1
ドラッグスターシリーズ最初の車種となる「ドラッグスター400」は、1996年2月にXV400ビラーゴの後継車種として登場しました。ビラーゴと共通の 空冷V型2気筒SOHC2バルブ400ccエンジンを、パルス感を強調するべく大幅にリファインし、低く構えた新設計フレームに搭載。リジッドに見えるモノショック式リアスイングアームと相まって、独特のフォルムを作り上げている。カバーをあえて装備しないシャフトドライブも、メカニカルな雰囲気をより強調するのに一役買っている。スポーツタイプの車種と互角、とまではいかないものの、アメリカンらしからぬ素直なハンドリングも特徴です。 1998年2月、派生車種として「ドラッグスタークラシック400」が登場。400の車体をベースにフロントにワイドタイプの16インチタイヤに前後ディープフェンダー、専用の大型ヘッドライト、鞍型シート、また専用設計のフットペグなどを装備し、ノーマルモデルとは一味違う重厚なスタイルを演出しています。 なお自動車排出ガス規制の強化により、2008年9月に一旦生産終了となっていたが、新たに燃料噴射装置や三元触媒などを装備した2010年モデルの販売が2009年11月16日より開始されました。